OkayamaWordPressMeetupとJP_Stripe in Okayamaを開催しました

2019年6月1日(土)に、岡山県倉敷の観光地「倉敷美観地区」で、OkayamaWordPressMeetupとJP_Stripes in Okayama を開催しました。
午前:10:30〜13:00 Okayama WordPress Meetup
https://www.meetup.com/ja-JP/Okayama-WordPress-Meetup/events/261137106/
午後:14:30〜17:00 JP_Stripes in Okayama
https://eventregist.com/e/JP_Stripes_OKJ2

正直、私自身、非常に楽しい1日となりました!

今回のように、2つのイベントを同日同場所で時間帯だけずらし開催するのは、1年前にも行ったことがありました。
2018/08/06に開催したWordBench倉敷 第4回勉強会とJAWS-UG Okayamaです。
https://wbkurashiki.connpass.com/event/89924/
https://jaws-ug-okayama.doorkeeper.jp/events/74745
この2つのコミュニティは、以前から行われているコミュニティなのですが、参加者の層がやや異なってる状態でした。同日同場所で開催ということ、例えば「同じ日にやってるから、もう一つも参加してみようかな」とか、懇親会も合同開催とすることで、普段交わることのない2つのコミュニティの参加者さん達が交流できる場を作れたということが非常によかったです。
ということで、今年も企画したしだいです。
JP_Stripesは主にエンジニア・プログラマの参加者が多いのですが、おそらく今回のJP_Stripesはデザイナさんやブロガーさん、ディレクターさんなどが多い会になったのではないかと思っています。また普段WordPressをあまり使わないエンジニアさんがWordPressMeetupにご参加いただけたことも、運営側としては非常に嬉しい限りです。
ちなみに、同日同場所で開催をすると、複数のコミュニティを運営している側としても、会場手配が1回にまとまるのも良かったです。。

今回、同日同場所開催なので、できるだけ共通のテーマを作りたく、「ECサイト」としました。

午前はOkayamaWordPressMeetup

WordPressでECサイトといえばWooCommerceということで、「WooCommerceを使ってECサイトを作ってみる」というタイトルで開催しました。

まずは、WooCommerceのコントリビュータでもある田中さんにご登壇いただき、WooCommerceのテーマに関することについてお話いただきました。
スライドはこちら。
https://speakerdeck.com/shoheitanaka/wordpress-meetup-at-gang-shan-number-3-woocommercetemafalsekasutamaizu

WooCommerceのご紹介、テーマのカスタマイズの勘所などをお話いただきました。
私も思っていたことで、すごく共感できたことが以下の3点

  • WordPressは、常に最新のものを利用する
  • pluginやTeemasは、信頼できるものを使う
  • アップデートチェックのために、ステージングサイトを持っておく

これは非常に重要。特にWooCommerceのようにWordPressに個人情報を保持する場合は、必ずセキュリティに気を使う必要がありますね。

そして、次は私のセッションです。
今回はワークショップを企画しました。参加者のみなさまに、WooCommerceを導入しオンライン決済(テストモードですが)を組み込むところまでを体験してもらうワークショップを実施。
セッションの内容は以下です。

ワークショップの手順はこちら

今回、ワークショップで利用するWordPressは私の方で人数分、インストール直後のものを用意させていただきました。作業時間は45分程度だったのですが、ほとんどの方が完走できました。
また参加者同士でわからないところを教え合ったり、一部の方がチューターとして回ってくれたりと非常によい雰囲気でできたのが嬉しかったです。
ちょっと反省点があるとするならば、企画者としてWi-Fiネットワークの準備に一部問題があったことですね。公共Kurashiki Wi-Fiにつないでいただいたのですが、同時接続数が増えてると非常に遅くなり、一部の方が使えなかったことです。
今度、ワークショップをやるとしたら、ネットワークはなんとかしないとな。。。

午後はJP_Stripes in Okayama

まずは、会場費をTwilioPayで徴収しましたw

参加者のみなさんに「電話でペイ」を体験いただきました。やはり「体験する」ということは重要。

引き続き、Stripe小島さんより、Stripeの説明と、先日開催されたJP_Stripes Connect 2019の内容について紹介。
スライドはこちら
https://www.slideshare.net/hide69oz/20190601-jp-stripesokayamajpsc2019recap

そして、小島さんのプレゼンで、来年のJP_Stripes Connectに行きたい人がこんなに。
来年は楽しみですね。

私は、当日、ワークショップを担当していて、他のセッションがまったく聞けなかったのが残念でしたが、ワークショップ自体、非常によいものになったので、充実感はありました。ちなみに、ワークショップは、会場費を徴収したTwilioPayを使った電話でペイが作れるものです。以下、手順です。初級編・中級編・上級編・中級編(続き)と4部構成になっています。よろしければお試しくださいませ。

続いて、JP_Stripe 愛媛の松本さん。
私がJP_Stripes Connect 2019でほとんどセッションが聞けかなかったので、懇親会でお愛したときにJP_Stripes in 岡山で是非話してとお願いしたところ、快諾いただきました。
ありがとうございます。
スライドはこちら
https://speakerdeck.com/crebowinfo/wordpressfalsejue-ji-puraguinfalsehua

松本さんは、カート機能が必要ない場合、既存テーマを維持したまま気軽に使いたい場合などの用途のためのpluginを開発されおり、それをご紹介いただきました。
請求書をオンラインで発行、請求書リンクを送付し、表示された請求書の下部にStripe決済のリンクを置いておくことで、いつでも支払いOKとすることは、支払いのハードルをさげるので良いですね。

続いて、午前から引き続きのWooCommerceコントリビュータの田中さんのお話。
今回、小島さんを通じて、田中さんには、ダブル登壇をお願いさせていただき、快く承諾いただきました。この2つのコミュニティーの同日同場所開催ができたのは田中さんのおかげです。本当にありがとうございます。

午後の田中さんは、EC・決済の未来についてのお話。
スライドはこちら
https://speakerdeck.com/shoheitanaka/jp-stripe-okayama-201906-ec-in-the-future
印象的だったトピックは以下。

  • 「実はめんどくさい」はキャッシュレスのチャンス※PTA会費の話から
  • 地方は現金払いが多いので、キャッシュレスは伸びしろがある
  • 「払う」の透明化。決済UXをどれだけ向上できるか。

懇親会

懇親会は12名ご参加、二次会も10名近く参加いただきました。あいにく、写真を取り忘れ。。。。
参加者さんの属性も多様だったこともあり、話がつきない懇親会でした。

ご登壇者のみなさま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回と同じような形で、2つのコミュニティーを同日同場所で開催する企画を考えています。
次回は、JAWS-UGとSORACOM-UGを同日開催です。
https://jaws-ug-okayama.doorkeeper.jp/events/91487
当日はワークショップも企画していますので、よろしければ、是非、ご参加くださいませ。

この記事を書いた人

takeshi.furusato

JAWS-UG Okayama/TwilioJP-UG Okayama/JP_Stripes Okayama /OkayamaWordPressMeetup/自称めんツナかんかんエバンジェリスト/DIGITALJET inc.